2つの試合

こんにちは。

今日は白帯、色帯のおかあさんたちに
簡単に違いをお話したいと思います。

まずは、試合の違い
空手協会は松濤館流の会派で
その中の流派だけの中の試合です。
形も全ての選手が松濤館の形をうち
組手は1本勝負になります。

防具は、協会しての白の拳サポーター、胸当て
マウスピースです。
5jakTDXvmAyyhX11578405326_1578405330.jpg

春の試合は全国・関東の選考会を兼ねた試合なので
限られた選手しか出れない試合ですが

秋の試合は、級別、年齢別など種目がたくさんあり
みんなが参加できる試合があります。

空手の流派には
松濤館流、剛柔流、糸東流、和道流の
四大流派の他にもいろいろあります。

連盟の試合は
所属している流派すべてが参加する試合で
形もそれぞれの流派の形をうちます。

組手はポイントで、6ポイントまたは、8ポイント
防具は、赤・青の拳サポーターなどをつけ、メンホーを着用します。(簡単に説明しています)
SdAeXPnnKMkuBjm1578405019_1578405022.jpg

それぞれルールも違います。

大きな試合にでていくには、
連盟の試合も大切です。

連盟に加入している選手は
試合に出るだけではなく、連盟の行事にも
参加してほしいと思います。

また、加入に関係なく
江東区の少年少女空手教室は、だれでも参加できますので
白帯さんたちもきてください。

 
板割りなどにも挑戦できます。

・・・とお話してきましたが

試合には2つあって、
流派の試合が空手協会、白の拳サポーター
連盟の試合は、赤青の拳サポータにメンホー

と、簡単におぼえましょう~

ヽ(───o───〃)ノ はぁ~い♪

次回は以心伝心

”ちょっとこわいお話?!です”
  (o´ω`o)ぅふふ

では、

      (◎皿◎)ノノ"バイバイキーン

a:84 t:1 y:0

コメント


認証コード3737

コメントは管理者の承認後に表示されます。