試合にむけて

日増しに寒くなってきましたが
みなさん、お元気ですか。

11月になり、今年もあとわずかとなりました。
スーパーでは、ハロウィンがおわり、Xmasの飾り付けがバタバタ準備されていました(o^^o)

さて、
空手協会の東京都では、4月に全国・関東大会の
予選会を兼ねた試合が行われます。

その試合のベスト6位までの選手が
全国・関東に出場が決まります。
今年、道場から15名の選手が
全国大会に出場しました。

又、秋に行われた試合は、白帯から黒帯までのすべての選手が参加できる試合で、一般部も級別、年齢別の試合でした。

道場からたくさんの選手が出場しました。

”機会があれば、白帯から試合にでて
コートに立つ経験をしてほしいと思います。”

4月の試合でそのあとの試合が決まっていきます。
親も選手も春の試合は一番気合が入ってる?!時です。

大切なことは、そのモチベーションをどの試合にも
持ち続けていくこと。

全国・関東大会に出ることが決まっただけで
終わりではありません。

道場には中学生2名、一般2名の
東京都強化選手がいます。

その中の選考会で
彩の国杯・全日本・国体・・・が
決まっていきます。

ところで、
よくお母さんたちから聞く言葉。

”うちの子なんて~”
”無理‼無理!”

たしかに・・・

稽古しないで勝てるはずがない。
目指さなくて、なれるはずがない。

稽古に勝るものはなし!
これは、本当だと思います。

まずは目標をきめる!
色帯になる。
黒帯になる。
試合にでる。
全国に行く。
強化選手になる・・・
と、一つ一つ。

その為になにをしていくか。
稽古は?
体つくりは?

子供の可能性を
親が決めてしまわないでほしいと思います。

もちろん、子供だけに
がんばれ~~~!は無理です(笑)

中学生であっても、高校生であっても
大学生であっても・・
親はその時に的確なフォローを
していくことが大切ではないかと思います。

悩まない親はいないと思います。
たくさんの本をよんだり
指導者の話や、試合を見ることだと思います。

誰よりも選手を信じて
同じ戦士として戦う覚悟をしなければ
選手はがんばれないのではないでしょうか。

       

   ・・・・・番外編・・・・・

秋はやっぱり
 
 9oAW2jAxSRgcFMG1572614143_1572614161.jpg 

 ”や~きいも~”ですよね~

       (●^皿^●)にまー・・・

コメント


認証コード9446

コメントは管理者の承認後に表示されます。